製品ラインアップ / PURICH – ポリウレタンパネル
PURICH – ポリウレタンパネル

Phuong NamのPurichパネルは高い耐火性、断熱性があるため、健康と環境に優しく、高価な作業現場が作れることで生産性向上に繋がります。

Purichパネルは食品加工工場、果物加工工場、水産加工工場、冷凍庫、涼倉庫、クリーンルーム、薬品製造工場、病院など高い安全衛生環境を求める物件に使われています。Purichパネルは高い耐火性、施工に簡単、胴縁使用費用節約、胴縁構造に安易対応、壁、天井、屋根の強度に貢献、施工人経費の節約などができます。

構造

Bluescope社の4回メッキされたフッ素系塗装SGLやステンレス鋼板と ポリウレタンフォームで一体化されシッカリした構造になります。

欧米から輸入された5成分ポリウレタンフォームは断熱・耐火に優れて、空気ないほど密度99%に吐出され、熱移動防止と破壊防止に役に立ちます。

パネル間に密接的なZlock Z+パッキンで結合されることで、熱移動や熱漏洩、汚染の防止の他、環境にも優しい建材です。

特徴

・防音、断熱、耐火
・抗菌、汚染防止
・環境に優しい
・耐久、天井、壁の強度に貢献
・施工に簡単、他の建材との配合は安易
・意匠運用は簡単、物件の施工期間短縮可能
・軽量、新美、県境と環境に優しい

用途

Purichパネルは冷凍庫、涼倉庫、食品加工工場、鶏牛豚小屋、病院、学校、医療クリーンルーム、薬品製造工場等の天井に最適な建材となります。

Purichパネルの断面

標準仕様
他の製品

断熱心材はポリイソシアヌレートで、連続的な製造ラインで製造されます。

軽量、高い断熱性、防音性、接着剤不要で取り付けに簡単は特徴です。

Prockパネルの心材はロックウール繊維を使うことで、熱貫流率が低く、断熱、防音に優れています。

Phuong NamのPexpaパネルはISO 9001 : 2008規格に基づいて製造され、高い定形、軽量、強度等に優れています。

Ropuon屋根パネルの心材はポリウレタン(PU)を使うことで、厚さ18mmあるため、物件の断熱に貢献できます。

Roputo屋根パネルの心材はポリウレタン(PU)を使うことで、厚さ25mm、 50mm、75mmあるため、物件の断熱に最適な建材です。

Rowool屋根パネルはフッ素系塗装SGLと心材繊維で一体化されることで、防音、断熱、耐火に優れています。

Phuong NamのRopas屋根パネルはフッ素系塗装SGLと心材EPSで一体化されることで、防音、断熱に優れています。